上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.19 COCOの避妊手術
昨日・・・

避妊手術を終えたCOCOさん。
無事とは言えないけど結果all rightです。

COCOは大丈夫、元気

通常よりも長く時間のかかった手術。
そう、リスクが高かったのね。
予感は的中。
手術前の私の胸騒ぎはこう云う事かと。

病院では・・・
手術中に撮影をした写真を見せてくれます。
開腹から縫合まで30枚位。
それを見ながら手術の詳細を教えてくれます。
そして、COCOの子宮と卵巣の実物も。

変形している子宮と卵巣

COCOの子宮は他の猫より大きいみたい。
犬と同じ位って小柄なCOCOが?
しかも、不明な脂肪が半分も癒着していると。
過去に強く子宮を打つなんて事はない。
↑内臓を守る為脂肪が出来る。
それと、手術時の子宮は発情中(4回目)
COCOの卵巣も大きいらしいです。
普通は小豆粒位だと。
そして、周りに不明な何かが付いていて
ぐちゃぐちゃしたモノ↑
片側の卵巣には不明な水泡も・・・
(説明が出来ない)

とにかく・・・
普通ではなかったと言う事です。
短い発情の繰り返しもこれ等の原因かもって。

もし、COCOさんが妊娠をしたら
奇形の仔猫が生まれる可能性ありとの事。

何とも切ない話です

続きは・・・
COCOの避妊手術日の様子メモです。
「▼追記の開閉」へどうぞ



1月17日 手術前夜
19:00
 Mon Petitの子ねこ用ビーフ味、約1缶完食
20:00
 辛い辛い絶食に入る

1月18日 手術当日
9:00
 蛇口から水を飲む
 絶食中でも、水は飲んでOK
10:00
 病院へ・・・
 車内でも病院内でも震えている
 感の鋭いCOCO、既に悟っていて不憫に思う
 切ない想いでCOCOを預け一旦帰宅
13:00
 多分、手術開始はこの時間と思う
15:00
 病院から電話
 手術は成功したと聞く
16:30
 病院へ
 手術の詳細を写真と実物を見ながら聞く
17:30
 COCOは入院の為、残して帰宅
18:30
 病院から電話
 酷い興奮状態と聞き、病院へ再度向う
 先生も看護師も近寄らせないくらい怒ってる
 初めて見るCOCOの猛獣化
 でも、私にはOK
 精神的負担を考え入院は取り止め
19:30
 COCO帰宅
 すっかり落ち着いた様子←お家が一番
 ふらふらだけど歩き回るが、気分は凹み気味
 背中痛い、お腹痛いの状態だもの
 エリザベスカラーを着用
 階段を上がっては2~3段落ちたの2回
 危険なので、階段上り下りは禁止
 炬燵の中で落ち着き始める
 トイレ、おしっこ1回
22:40
 麻酔が完全に切れたので食事
 食欲はなし、水は飲まない
 Mon Petitの子ねこ用ビーフ味、弱1/4缶食す
23:30
 トイレ、おしっこ1回
 ほかほかカーペットの上で朝まで就寝


----------------------------------------
【手術費】
再診察 ¥525
手術料 ¥23,100←飲み薬2種含
合計 ¥23,625

生後8ヶ月29日
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。